非金融/秘匿性ブロックチェーン
導入を専門的に支援
製造・インフラからマーケティングまで
担当者育成から新規事業創出支援まで
データ共有と価値流通を最適化します

ご挨拶

トレードログ株式会社にご注目いただき、ありがとうございます。私たちは製造・インフラ・BPO・農業などの各事業領域に対して秘匿性型(ゼロ知識証明型)ブロックチェーン技術導入支援とデータ活用支援を行う、ビジネスモデル変革支援会社です。

現代は各業界で様々な合理化が進められているものの、貴社事業領域においても不合理・不経済・不公平といった「市場の失敗」はまだまだ残っているかもしれません。これら課題に対し、私たちはブロックチェーンと従来型技術、デジタルとフィジカル、そしてビジネスモデリングとテクノロジーを組み合わせた複合的な解決を支援しております。

私たちの会社は、事業変革・社会変革を語るには確かにまだまだ小さいです。しかし「『失敗のない市場を作る』べく、ブロックチェーンでデータ共有と価値流通を最適化させる」という志に共鳴してくれた社内外の仲間と共に、新しい社会を形作っていきたいと考えております。是非とも様々な業種・立場の方々と対話させていただき、ひとつでも多くのブランド課題・社会課題を解決していければと存じます。

    トレードログ株式会社 代表取締役 藤田 誠広


VISION(公共的な未来像):
【「失敗」のない市場】

・「情報の非対称性」のないフェアな取引
・「外部不経済」の内部化
・「公共財へのフリーライド」の抑止
・非効率な行政サービス/企業サービスへの市場性の導入


MISSION(私たちの役割):
【ブロックチェーンでデータ共有と価値流通を最適化させる】

市場の失敗のいくつかを解決するには、秘匿性を保ちながらデータ共有を進めつつ、貨幣経済との距離を調整する、といったきめ細やかなチューニングが必要です。この点、ブロックチェーン技術はデータの共有先やお金の交換対象を最適化させ、価値流通を円滑にするのに向いています。

STRATEGY(取組の方針):
【企業社会向けに秘匿性ブロックチェーンを推進する】
        影響力の大きい企業社会が
        内発的に取り組みたくなるよう、
        秘匿性を担保できる
       ゼロ知識証明型ブロックチェーン」
        を中心に研鑽を積んでおります

PRODUCT

OHAJIKI
(オハジキ)

【広告販促とCRMをつなぐ第3のマーケティング】

主にブランドホルダー向けにブロックチェーンを活用したトークン経済プラットフォームを提供しております。生活者が多様なブランドのコインを楽しめるように、という思いから名付けました。「広告」と「CRM」とを融合させる「第3のマーケティング」というコンセプトの元に、ブランド担当者様の課題を解決いたします。
・販促とCRMの統合

・販促キャッシュフローの改善
・真のインフルエンサーの特定、ステマに依存しないリファラルマーケの実現

YUBIKIRI
(ユビキリ)

【AI×IoT(ユビキタス)時代のデータ連携支援】

大手企業のデジタルイノベーション推進担当者向けに、データ連携パッケージをセミカスタマイズ提供しております。貴重なデータを相互に貸し出し、適切に使うことを約束できるように、という思いから名付けました。IoTを中心とした膨大なデータを他社から借りてAIで分析すべく、ゼロ知識証明型ブロックチェーンを提供いたします。
・データごとに他社と共有/他社に秘匿の出し分け

・ミドルウェアによるブロックチェーンとの簡易連携
・モニタリングなどの周辺ツールも

ブロックチェーン事業化支援サービス
エンタープライズDX/IoT推進担当者へのフルサポート
(担当者育成・ビジネスモデリングから、PoC、開発支援まで)

セミナー、担当者育成

【過去のセミナー実施例】
1、インダストリー4.0とブロックチェーン

2、貴社隣接領域での適用事例
3、ブロックチェーンの技術背景と向き不向き
4A、ブロックチェーン技術ハンズオン実習 or 
4B、貴社事業領域で想定される適用ケーススタディ(または貴社事業領域でのビジネスモデリングワークショップ)
5、まとめ

【実施実績】
・世界的化粧品・日用品メーカー様(役員様向け)

・世界的耐久消費財メーカー情シス子会社様(イノベーション部門向け)
・大手専門系コンサルティング会社様(イノベーション部門向け)
・中堅システム開発会社様(全社員総会にて)

【実施料金例(Q&A込、税別】
※ご要望によりカスタマイズ致します。

梅(45分) 50万円 当社規定の内容
竹(90分)100万円 一部カスタマイズ可
松(120分以上) ご予算に合わせてカスタマイズ可能、エンジニア向けハンズオン実習や事業企画者向けワークショップ対応可能(30日間のメールフォローあり)

そのほか、担当者育成用カリキュラム作成なども承っております。

事業化支援コンサルティング

【実施フロー例】
1、貴社事業現況と、部門立上げ経緯の取材
2、関連部門向け入門セミナー実施
3、精鋭メンバー向けビジネスモデリングの支援
4、PoC企画の立案支援
5、本番開発の受託
6、定着に向けた支援

【実施実績】
・大手耐久消費財 情シス子会社様(デジタルイノベーション推進担当部門)コンサルティング→PoC開発
・大手専門系コンサルティング会社様(デジタルイノベーション推進担当部門)エンドクライアント向けプロダクト開発コンサルティング→PoC開発

【実施料金例(税別)】
梅 貴社訪問月1回(レポート無)+メールサポート 25万円/月
竹 貴社訪問月2回(レポート無)+メールサポート 55万円/月
松 貴社訪問週1回以上(レポート有)、メールサポート無制限、エンドクライアントとの会合同席可、ご予算に合わせてカスタマイズ致します

PoC/MVP→本番開発

【PoCコンサルティング実施例】
1、採用基盤の選定、環境構築の助言、最小サンプル作成の指針決定
2、サンプルプログラムのコードレビュー
3、サンプルプログラムのテスト実施の相談
4、フロント開発に関する助言
5、テスト結果共有とPoC開発へ向けたスケジューリングの決定
6、PoC開発着手

【開発サポートをしている主な基盤】
・Ethereum
・Hyperledger Fabric
・Quorum
(IOTA等の新興基盤は要相談)
特に、国内では本格的な実装実績が少ない『Quorum』に関しては強みを有しており、高難度案件のご相談を中心に承っております。


※注意点:
大手企業様を中心に、堅牢なセキュリティ環境下ではブロックチェーンの環境構築が難しいケースが散見されます(例、複雑なProxy設定が複数張り巡らされていてP2P通信ができない、OSS利用を社内申請するも情シス側が十分に検証できないとの理由で却下される、等)。そのような場合は、独立したネットワークの構築を貴社情シス部門様にご申請いただく必要がございます。予めご了承ください。

ゼロ知識証明型ブロックチェーンとは

エンタープライズ用途向けに秘匿性を担保したデータ共有を実現します。

大手企業のデジタルイノベーション推進担当者、IoT推進担当者向けに、実務上の課題を解決するために、弊社では「ゼロ知識証明型ブロックチェーン」に注力しております。特に「Quorum」に関しては強みを有しております。

 ※『Quorum』とは、コンソーシアムやプライベート用途向きのEthereum系基盤です。JPモルガン社よりEnterprise Ethereum Associationに寄贈されました。
https://www.jpmorgan.com/global/Quorum
他の主要なEnterprise系基盤と比べると、以下のような特徴がございます。
 ・ノード間は対等な関係(特権的なノードがないので、設計が容易)
 ・Ethereum系なのでPublicなEthereumとの接続も容易
 ・データの共有範囲をPublic/Privateで切り分けられる(B2B2C実装が可能)
 ・トークンエコノミーの設計が容易
 ・基盤選定により、特定のクラウド事業者に囲い込まれることはない
  (将来のクラウド切り替えコストが低い)

お役立ち情報

3分で読めるブロックチェーン紙上講座
ブロックチェーン先行事例をザクッと把握し
事業化のヒントを得るための4つの視点

資料は
こちら
3分で読めるブロックチェーン紙上講座
ブロックチェーン開発初期向け
EthereumをClosedに使う2つの方法

資料は
こちら
3分で読めるブロックチェーン紙上講座
ブロックチェーン開発初期向け
EthereumをClosedに使う2つの方法

資料は
こちら

Team

創業者 代表 藤田 誠広

川越市出身
2001年上智大学卒業後、バックパッカー、ニート、フリーター等を転々とする。非正規労働者時代にビックカメラでの店頭販促に従事し、数多くの「Moment of Truth」を最前線で経験。ブランドマーケティング支援を志す。2005年CM総合研究所に入所、2011年株式会社ビデオリサーチに転職。両社にて広告主向け新規開拓営業、テレビ広告施策コンサルティング、事業開発などに従事。また、広告出稿時の中間KPI設定、データ連携による配信セグメント開発、メタデータ付与やディープラーニングによるテレビCMスコアの予測研究などに取り組んだ。ブランド、生活者、社会の3者の関係を再構築できる方途を模索する中でブロックチェーン技術に出会い可能性を見出す。2018年、トレードログ株式会社を設立。 

共同創業者ブロックチェーンエンジニア
中村 雅弘

横須賀市出身
IoTベンチャーQrioでのインターンを経て、2016年3月一橋大学卒業後は同じくIoTベンチャーのCerevo入社。IoTを入り口にビッグデータに興味を持ち、エンジニア仲間とともに競艇の1着予測プロジェクトを立ち上げ、ディープラーニングを用いて75%の精度を実現。その後、プロスポーツ領域を得意とするiPhoneアプリ制作会社タイムカプセルに転職。バスケットボールの試合記録データをコーチングやトレーニングに生かすアプリを制作。データが改善アクションに繋がることを体感する。クラウド、IoT、データ分析、という観点からブロックチェーンに関する研究を進める中で代表の藤田と出会い、トレードログ株式会社を共同設立。

Exective Advisor
鈴木 研

1965年東京生まれ。1999年より2017年まで日本マイクロソフト株式会社に18年在籍。大手法人向け営業として、企業の基幹業務採用による日本マイクロソフトエンタープライズビジネスの礎つくりに貢献。2005年からは営業部長、2007年営業本部長、2011年以降は業務執行役員として、製造インダストリー営業統括本部長やエンタープライズサービス営業統括本部長を歴任。顧客のデジタルトランスフォーメンションを支援する法人営業組織の構築、目標達成するチームつくりを実施した。2018年8月当社に参画。

Technical Director
五所 和哉

Coming Soon

データエンジニア
小林 拓野

Coming Soon

お知らせ

2018.2.26 創業しました(南池袋1-16-20 ぬかりやビル6階)
2018.7.2 共同創業者中村の正式な入社に伴い、事業を開始いたしました
2018.8.30 元 日本マイクロソフト法人営業責任者 鈴木研が参画しました
2018.11.30 神田昌典氏主催の「次世代マーケティング実践会」に入会いたしました
2019.1.1 タウンニュース元旦号に共同創業者 中村のインタビュー記事を掲載いただきました
2019.2.8 代表の藤田が「マーケティング・テクノロジー・フェア2019」内のパネルディスカッション
「ブロックチェーン×マーケティング〜社会実装の現状と2019年の展望〜」に登壇いたしました
2019.3.14 弊社 中村が、横須賀のインキュベーション&交流イベント
イチロクカンファレンス『まちにイノベーションを起こす挑戦Vol.18』」に登壇いたしました
2019.8.23 一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)に加盟いたしました
2019.11.7 次世代マーケティング実践会主催の「ブロックチェーンビジネス構想会議」にて登壇致しました
2020.1.14 移転しました(南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋5階)
2020.1.15 専修大学 経営学部(生田キャンパス)で出張講義をしました
2020.4.1-4.3 第1回ブロックチェーンEXPO春(併催:AI・人工知能 EXPO、於 東京ビッグサイト)に出展します
2018.7.2 共同創業者中村の正式な入社に伴い、事業を開始いたしました

会社概要

トレードログ株式会社
会社名 トレードログ株式会社
(Trade Log Inc.)
所在地 〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-16-15
ダイヤゲート池袋5階
連絡先 info@trade-log.io
創業者・代表者 藤田 誠広(代表取締役)
中村 雅弘
事業開始 2018年7月2日(設立は同年2月26日)
事業内容

【ブロックチェーン関連事業】:

1、ブロックチェーン基盤、及び付随するミドルウェアや分散アプリケーションなどの研究、開発、提供、運用、保守

2、ブロックチェーンを活用した各種情報システムのコンサルティング、提案、開発、運用、保守


【その他関連事業(データ活用支援など)】:

3、マーケティング、経営などに関するコンサルティング

4、データ分析、及び関連するデータエンジニアリング業務、マッチング業務

5、インターネットを利用したシステム・ソフトウェア・アプリケーションなどの開発、及び情報サービス・広告サービスなどの提供

6、上記各号に附帯又は関連する一切の事業

主要取引先
(順不同、敬称略)
主要仕入先 株式会社リッカ

(順不同、敬称略)
資本金 2,500,000円
取引先金融機関 三井住友銀行 渋谷駅前支店

住信SBIネット銀行 法人第一支店
事業内容

【ブロックチェーン関連事業】:

1、ブロックチェーン基盤、及び付随するミドルウェアや分散アプリケーションなどの研究、開発、提供、運用、保守

2、ブロックチェーンを活用した各種情報システムのコンサルティング、提案、開発、運用、保守


【その他関連事業(データ活用支援など)】:

3、マーケティング、経営などに関するコンサルティング

4、データ分析、及び関連するデータエンジニアリング業務、マッチング業務

5、インターネットを利用したシステム・ソフトウェア・アプリケーションなどの開発、及び情報サービス・広告サービスなどの提供

6、上記各号に附帯又は関連する一切の事業

地図